大井競馬場の特徴を予想に役立てよう!

TOP
大井競馬,予想,傾向

大井競馬場のコース概要

外コース:ダート/右回り 1周距離:1600m 内コース:ダート/右回り 1周距離:1400m 大井競馬場は一般的には直線が長い印象がありますが、内回りの時は直線が短くなるので逃げ、先行か差し、追い込みか、展開を想定した予想が重要になってきます。また、南関の4つの競馬場で唯一の右回りコースでもあります。

予想傾向

まず、競馬の基本ですが、馬場状態はしっかりと確認しておきましょう。 ダートコースは多少の雨だと固まってタイムの出るコースとなり、降りすぎると伸びなくなります。 馬場の状態によって持ちタイムの活かし方も変わってくるという事です。 また、雨が続くと内枠はどうしても柔らかくなるので外枠が有利になってくる事もポイントの一つです。 その点を踏まえて、開催の日にどの枠が有利なのか、不利なのかをレース結果で判断していく事で、後半のレースでの予想の精度は大きく変わってきます。

騎手

馬だけで競馬は勝てないですし、地方では騎手での予想も割りと効果的で、調子の良い騎手は狙っていく方が良い傾向もあります。また、地方の競馬場はコーナーがきついので騎手の腕前の影響も大きく、腕の良い騎手を積極的に狙う事で配当の大きい馬券を狙っていけるというメリットもあります。 リーディング上位騎手、もしくは当日に勝ち鞍の多い騎手を狙っていく事で思わぬ配当が転がり込む事もあります。

展開

展開はダートでは基本ですが、逃げ、先行が有利となります。 大井競馬場は坂もないので大きくバテる事は少ないという事もあり、先行の有力馬はチェックしたいところですが、思いもよらない馬が逃げる事もあるので、ある程度の展開予想という判断で見ていきたいところです。 前述しましたが、雨等で内枠が荒れている時は外からの差しが決まる事もあるので、逃げ、先行有利にばかりとらわれてしまうと火傷をする場合も多々あったりもします。

産駒

当然ですが、ダート血統を中心に見ていく事になりますが、ゴールドアリュール、サウスヴィグラス、タイムパラドックス、クロフネ、アグネスデジタル等、中央でも活躍しているダート血統の産駒は活躍している傾向にあります。

まとめ

馬場状態、距離による展開を見ながらの予想、そして騎手の調子もみながらというのが予想の軸になるのではないでしょうか。 パワーが必要な馬場になれば大型の先行馬が有利な傾向になりますし、スピードの出る馬場になれば差しの決まる展開にもなるので、そこの駆け引きが重要になります。 基本的には単勝オッズはそこまで重要視せずに、買いたい券種の人気を見ていく方が良いのではないかと思います。

南関競馬雑学集

優良認定競馬サイト[PR]

利用者の声

東京都 おぞ松
こんな裏ワザがあるなんて知らなかった、
この方法で収入が増えたのはラッキー!!
12-15 14:56:09
大阪府 林檎飴
プラスになったので満足しています。プラスにならないと意味ないからね。
でもこんなもんじゃなく、もっと稼げると感じるからまた利用してみようと思います。
12-15 14:22:48
岐阜県 スティンガー
ハラハラドキドキしましたが見事に的中。配当も素晴らしいです。こんなやり方で競馬で勝つ方法があったなんて知らなかったです。
12-15 13:25:14