南関東競馬でグルメと競馬を楽しもう

TOP
南関東競馬,グルメ,名物

南関東競馬の楽しみ方

南関東競馬の楽しみ方ですが、競馬ですからまずは馬券を勝って楽しむというのが第一になるでしょう。
ただ、競馬を楽しむと言っても、中央競馬とはまた違う楽しみ方があります。
まず第一に、パドックで競走馬を見るのも、比較的近くで見る事が出来ます。
その上で、地方競馬は出走間隔が短いので馬の状態がレース結果に直結しやすいので、パドックで競走馬の状態を見ながら予想をするという流れの方が多いです。
また、パドックからコースまでの距離も近いのでその流れはスムーズに行いやすいです。
観戦出来る最前列からコースまでの距離も近いのでより近くで競走馬が走る姿を見る事が出来ますし、競走馬の走る音、騎手のムチの音等、臨場感を感じながら競馬を楽しむ事が出来ます。

予想の合間にグルメを楽しむ

南関東競馬はどの競馬場にも色々な店があり、色々なグルメを楽しむ事が出来ます。
以前は昔ながらの店が多かったものですが、現在は改装に合わせてデートでも楽しめる様な食事が出来るお店も増えてきました。
もちろんそういったお店を楽しむのも良いものですが、昔ながらのグルメ、名物となっているグルメもしっかりと残っているので、その時の気分に合わせて色々と楽しむ事が出来ます。
川崎競馬場の辛い焼きそばやコロッケ、大井競馬場のモツ煮、船橋競馬場のあんかけやきそば、浦和競馬場のおにぎり、多種多様な揚げ物、黄色いカレー等、それぞれの競馬場の名物を食べ歩くのもお勧めです。

南関東競馬の混雑具合

競馬場の楽しみ方も、混雑具合によって大きく変わる部分もあります。
基本的に交流重賞の日は比較的混雑し、特にJpn1やG1のレースが開催される日は大変混雑します。
ただ、交流重賞は中央競馬の競走馬と騎手が来るので、ダート競走のトップクラスの競走馬も出走する為、一流の競走馬の馬体を近くで見る事が出来、トップジョッキーを間近で見る事が出来るので楽しみも多いです。
次に混雑するのが南関東重賞、特にSⅠが混雑します。
交流重賞では中央の競走馬VS地方の競走馬という構図のなりますが、正直中央競馬の競走馬が席巻しているというのが現状です。
その点、南関東重賞では地方での実力馬だけの競走となるので、地方のトップクラスの実力馬のより実力が拮抗しているレースを見る事が出来、競馬としての面白みも大きいです。
重賞競走のない日は、全体的に比較的空いているので、のんびりとビールや食べ物を楽しみながら競馬を楽しむ事が出来ます。
どのタイミングで行くかは予定や気分次第ですが、空いている競馬場でのんびり楽しむのも結構お勧めです。

競馬をもっと楽しみたいなら

競馬場には指定席もあります。
ゆっくりと指定席に座って競馬をしたり、パドックやコース付近まで降りていってレースを見たり、特に混雑している時には色々と融通が効くのが指定席です。
早い時間から行くのであれば、指定席を確保してゆっくりと色々と楽しむのもありだと思います。
平日の空いている時なら席は空いているので必要ない時もありますが、指定席は比較的上部の階にあるので、上からコース全体を見ながら馬を応援するのも楽しいものです。
楽しみ方は人それぞれですから、自分に合った競馬の楽しみ方がすぐに見つかると思います。

南関競馬雑学集

優良認定競馬サイト[PR]

利用者の声

福井県 ゴーダイン
競馬サイトって本当に稼げるのか不安だった。
確かに稼げないサイトもあったんだけど逆に、
ちゃんと稼げるサイトもあるんだって再認識させられた。本当良かった。
02-20 07:17:25
福島県 けんぞう
競馬で稼げるってサイコーっすね!
02-20 06:52:45
宮城県 麻里子
地方で働き口がこの年だとあまりなく、親の介護をしながら仕事をするのも大変で困っていたところ、こちら出会うことが出来て嬉しく思います。自分でやりたい時に出来るのも嬉しく、しかも簡単ですし、私の様な年配の方でも出来るということが良いと感じます。
02-20 06:05:35