南関東競馬の騎手、的場文男騎手に代表される猛者達

TOP
南関東競馬,騎手,的場

南関東競馬の騎手

南関東競馬には多くの騎手が所属しています。
船橋所属の森泰斗騎手、中野省吾騎手、大井所属の矢野貴之騎手、真島大輔騎手、川崎所属の山崎誠士騎手、そして大井の帝王の異名を持つ、60歳を越えても騎手を続けている的場文男騎手等、特徴的な騎手が多く所属しています。
南関東競馬には大井、船橋、川崎、浦和とありますが、船橋は上手い騎手が多いと言われています。
船橋競馬場特有のスパイラルカーブのおかげか、小回りの多い南関東競馬ではコーナーの駆け引きがとても重要になり、船橋競馬場特有のスパイラルカーブによってコーナーでの駆け引きを身に付けやすい為等とも言われています。
また、ダートG1競走の多い大井所属の騎手も南関東リーディングで上位にくる騎手も多いです。

南関東競馬出身の中央所属騎手

現在は中央競馬で活躍し中央競馬の総合リーディングジョッキーを獲得している戸崎圭太騎手や、内田博幸騎手は大井に所属していた騎手となります。
地方競馬の騎手が中央競馬の騎手に比べて実力的に劣っているわけではないと良く言われますが、それは地方競馬出身の騎手の活躍あっての事でもあります。
地方競馬出身のジョッキーの特徴として、小回りのコースやダートコースで強い事に加えて、ハングリー精神も強いと言われています。
それは南関東競馬出身の騎手にも同様の事が言え、南関東競馬で培った技術がきちんと活かされているという裏付けでもあるのではないでしょうか。

これからの地方競馬騎手

これからも地方競馬、南関東競馬から中央競馬へ移籍する騎手もいると思われます。
実際に試験を受けている騎手もいますし、それはそれで素晴らしい事だと思います。
また、的場文男騎手の様に大井競馬の顔としてずっと騎手を続けていく騎手もいると思います。
でも、どの騎手にも生活があり、怪我や大事故と背中合わせで騎乗しています。
地方から中央に移籍しても、その活躍を応援し、交流重賞等で帰ってきた時にはまた声援を送る事が出来る様な、そんな気持ちになれる騎手がこれからもドンドン増えていってくれればと思います。

競馬の騎手への道は狭き門であり、その中で成功出来ている騎手はほんの一握りなのです。

南関競馬雑学集

優良認定競馬サイト[PR]

利用者の声

鹿児島県 にゃお
儲かったにゃ~ん。猫に小判とはこういうことにゃんだにゃ~。
12-15 14:28:44
愛媛県 闇翔
ワイ将ここにきて人生大逆転!!全く興味ないワイが、競馬だけで稼いでるなんて、想像つかなかった。
12-15 14:16:54
栃木県 シャガイ・キンム
情報の正確さには舌を巻くね。謳い文句も嘘じゃなかった。的中の精度と配当に度肝を抜かれたよ。
12-15 13:51:48